HMBサプリを徹底比較!人気ランキング【2017年最新版】

【2017年最新版】人気のHMBサプリはコレだ!芸能人や一流アスリートも愛用中のHMBサプリ。効果や口コミを全商品買って徹底比較してみました。

HMBサプリの紹介、口コミ 医食同源HMBタブレット

医食同源HMBタブレットの効果って?評判・口コミも徹底解説!

投稿日:

最近はHMBサプリブームということもあり、何十種類ものサプリが発売されています。でも、大抵のサプリは初回500円といっても2回目以降が6000円という感じで結構な価格ですよね。

しかも、定期コースじゃないと割引価格で購入できないというサプリがほとんどです。

もっとリーズナブルで定期コースの継続縛りがないHMBサプリが欲しい!って思っていませんか?

今回紹介する医食同源のHMBタブレットはそんな願いを全て叶えてくれるHMBサプリです。一袋2,678円(税込)で買えるリーズナブルさが特徴で、もちろん定期コースの継続縛りもありません。

HMBサプリを試してみたいという人には、ピッタリのHMBサプリですよ。

では、医食同源HMBタブレットはどんな特徴・スペックなのか詳しく見ていきましょう

医食同源HMBタブレットの特徴

  • HMB含有量1500mg
  • クエン酸・ビタミンB2を配合
  • 定期コースの継続縛りなし
  • シトラスオレンジ味で水なしで摂取可能
  • 単品購入でも一袋2,678円(税込)

HMB含有量は、平均的な1500mgです。HMB含有量は平均的なのですが、特筆すべきは価格の安さです。一般的なHMBサプリなら、定期コースの割引価格で購入しても最低でも5,000円以上はします。

しかし、医食同源HMBタブレットなら単品購入でも一袋2678円(税込)で購入できてしまうのです。これだけリーズナブルなHMBサプリは医食同源HMBタブレットだけですね。

また、定期コースの継続縛りもないので自分のペースで続けやすいです。「HMBサプリってどんな感じだろ?」と悩んでいる人にはちょうどいいのではないでしょうか。

もう一つの特徴は、水なしで摂取できるという点ですね。一般的なHMBサプリは錠剤タイプで薬のように水で飲まないとダメでした。

錠剤タイプも楽なのですが、医食同源HMBタブレットはもっと飲む手間を省いてくれました。ラムネのように食べることが可能なのです。

シトラスオレンジ味で爽やかで、全然不味くありません。お菓子感覚で摂取できますよ。

医食同源HMBタブレットのスペック

HMB含有量1500mg
クレアチンの有無×
その他のサポート成分クエン酸/ビタミンB2
定期コース&返品保証
1日あたりの費用80円
定期コースの特典3ヵ月毎にスイスポ ビフォー&アフター1箱プレゼント

やはり医食同源HMBタブレットは、価格がずば抜けてリーズナブルですね。後ほど比較しますが、HMBサプリで安い部類に入るものと比べても、断然医食同源HMBタブレットの方が安いです。

普通なら3~4回継続して購入すれば約2万円はかかるのに、医食同源HMBタブレットなら3回購入しても5,500円で収まります。

HMB含有量は平均的なので、少しでもコストを抑えたい人は医食同源HMBタブレットを検討してみてください。

成分としては、疲労回復効果のあるクエン酸とビタミンB2が配合されています。激しいトレーニングをすると、どうしても後々疲労が溜まってしまうので、クエン酸とビタミンB2が配合されているのは助かりますね。

次の日に仕事や学校があっても、疲れを感じにくくなりますよ。

 

医食同源HMBタブレットの口コミ・評判

医食同源HMBタブレットの口コミを探してみたのですが、ほとんど見つかりませんでした・・・

見つかり次第アップしていきます。

 

 

医食同源HMBタブレットをお得に購入するには

医食同源HMBタブレットをお得に購入するなら、公式サイトが一番です。なぜなら、公式サイトなら初回は特別価格で試せて特典もある定期コースが申し込めるからです。

他のサイトで買おうと思っても、特典や特別価格で購入できないのであまりおすすめできませんね。公式サイトで購入する場合は、以下の2種類の購入方法があります。

  • 単品購入
  • 定期コース

この2つの購入方法について解説します。

単品購入

単品購入は、とりあえずHMBサプリを試してみたいという人におすすめです。

自分に合うか確かめてみたい、という人は単品購入でまず購入してみるといいですね。ただ、単品購入の場合は定期コースによくある初回特別価格というのはないので注意してください。

それでも、医食同源HMBタブレットなら単品購入でも一袋2,678円(税込)なので、リーズナブルなことに間違いありません。

普通にHMBサプリを単品で購入しようと思っても、1万円近くするので相当コスパは高いですよ。1日あたり89円なので、ジュースを飲むのを我慢すればお釣りがくるほどリーズナブルです。

定期コース

定期コースには3種類あります。

  • 1ヵ月に1回1袋お届け
  • 2ヵ月に1回2袋お届け
  • 3ヵ月に1回3袋お届け

以上の3つです。どのコースも初回は980円で、初回限定クーポンを使えば300円オフの実質680円で購入することができます。さらに、2袋目以降も割引価格で購入できるのです。

  • 1ヵ月に1回1袋:定価の10%オフの1袋2,410円(メール便送料無料)
  • 2ヵ月に1回2袋:定価の12%オフの1袋2,357円(送料無料)
  • 3ヵ月に1回3袋:定価の15%オフの1袋2,276円(送料無料)

この割引なのですが、2回目以降ではなく2袋目以降から適応なので、2ヵ月に1回2袋・3ヵ月に1回3袋のコースの場合初月から割引価格で購入できますよ。

価格がいろいろでてきてややこしいので、まとめると定期コースで初回の価格(300円のクーポン利用)は

  • 1ヵ月に1回1袋:680円(税込)
  • 2ヵ月に1回2袋:680円+2,357円→3,037円(税込)
  • 3ヵ月に1回3袋:680円+2,276円×2→5,232円(税込)

以上のようになります。

そして、定期コースの2回目以降の価格は

  • 1ヵ月に1回1袋:2,410円(税込)
  • 2ヵ月に1回2袋:2,757円×2→4,714円(税込)
  • 3ヵ月に1回3袋:2,276円×3→6,828円(税込)

以上のようになります。まとめて買うほど割引率が大きくなりお得に購入できます。普通、定期コースの割引価格のHMBサプリなら、1袋で5,000円~6,000円はするので、医食同源HMBタブレットは相当リーズナブルと言えますね。

定期コースなら特典あり

定期コースなら特典もあるのが魅力的です。初回購入として、アミノ酸とクエン酸が摂取できるスイスポ ビフォー&アフターが一包がもらえます。

一包だけなら、あまりすごくないと思うかもしれませんが、定期コースの3ヵ月毎にはスイスポ ビフォー&アフターが1箱プレゼントされるのです。

1年継続すると、4箱もらえるという計算ですね。スイスポ ビフォー&アフターは一つ1000円近くするので、無料でもらえるのはありがたいです。1000円×2で2000円もお得ということになりますね。

アミノ酸とクエン酸は、筋トレには欠かせない成分ですのでスイスポ ビフォー&アフターでしっかり補給しておきましょう。

Amazonや楽天で買えるのか?

Amazonや楽天での価格を調べてみました。

  • Amazon:1,980円
  • 楽天市場:2,138円

以上の価格になっていました。定価よりは安くなっていますが、公式サイトで初回680円で購入できるのでお得とは言えないですね。

また、スイスポ ビフォー&アフターの特典もないのでおすすめはできないです。

やっぱり、定期コースの継続縛りなしで特典も受けられる公式サイトで購入するのが一番お得でしょう。

 

実際に医食同源HMBタブレットを購入してみた

 

医食同源HMBタブレットとビルドマッスルHMBを比較

初代HMBサプリとして有名なビルドマッスルHMBと比較してみました。

 医食同源HMBタブレットビルドマッスルHMB
HMB含有量1500mg1500mg
クレアチンの有無××
その他のサポート成分2種類6種類
定期コース&返品保証
1日あたりの費用80円137円
定期コースの特典3ヵ月毎にスイスポ ビフォー&アフター1箱プレゼント×

HMB含有量はどちらも同じ1500mgです。サポート成分を比べてみると、ビルドマッスルHMBの方が豊富ですね。

でも、価格が医食同源HMBタブレットの方が圧倒的にリーズナブルなので、価格を重視するなら医食同源HMBタブレット一択ですね。

HMBタブレットはリーズナブルなので、余ったお金で単品でBCAAやグルタミンを購入するのもアリですよ。

また、医食同源HMBタブレットには定期コースの継続縛りがないので、継続縛りが面倒な人には医食同源HMBタブレットがおすすめですね。

 

医食同源HMBタブレットとメタルマッスルHMBを比較

次にガクトも愛用しているメタルマッスルHMBと比較してみました。

 医食同源HMBタブレットメタルマッスルHMB
HMB含有量1500mg1600mg
クレアチンの有無×
その他のサポート成分2種類12種類
定期コース&返品保証
1日あたりの費用80円166円
定期コースの特典3ヵ月毎にスイスポ ビフォー&アフター1箱プレゼント×

HMB含有量・サポート成分も含めて全てメタルマッスルHMBが上回っていますね。筋トレの効率を上げてくれるクレアチンやBCAAなども存分に含まれているので、メタルマッスルHMB一つあれば十分です。

その分価格は、医食同源HMBタブレットよりも高いですが、筋トレ時に摂取したい成分が全て含まれています。

初心者の人は、どの成分を摂取すればいいのかわからないと思うので、メタルマッスルHMBを買っておけば間違いないですよ。

→メタルマッスルHMB公式サイト

医食同源HMBタブレットのまとめ

医食同源HMBタブレットの特徴をまとめると、

  • とにかくリーズナブル
  • 定期コースの継続縛りなし

以上の二つが最大の特徴です。HMBサプリの中でも、医食同源HMBタブレット以上にリーズナブルなサプリは見たことありません。

最低でも5000円以上はするので、かなりリーズナブルと言えますね。また、定期コースの継続縛りもありません。

正直、定期コースの継続縛りはめんどくさいです。自分に合わない場合でもすぐにやめられないですからね。その点、医食同源HMBタブレットは自分のペースで続けられるのでありがたいです。

「HMBサプリを軽く試してみたい」「リーズナブルなHMBサプリがほしい」と思っている人は医食同源HMBタブレットは試してみる価値がありますよ。

→医食同源HMBタブレット公式サイトはコチラ

 

 

-HMBサプリの紹介、口コミ, 医食同源HMBタブレット

Copyright© HMBサプリを徹底比較!人気ランキング【2017年最新版】 , 2017 AllRights Reserved.